清宮 彬 SEIMIYAHitoshi 1886-1960 

1886年(明治19) 広島市に生まれる。東京府立第一中学校(都立日比谷高等学校)を卒業後、白馬会葵橋研究所に入る。
                  黒田清輝に油彩画などを学ぶ。岸田劉生や岡本帰一らと知り会う。

1912年(明治45) 岸田劉生らを白樺派の柳宗悦に紹介。

    (大正元) 岸田劉生、斎藤与里、高村光太郎らとフュウザン会を結成。
             木村荘八、萬鉄五郎、バ−ナ−ド・リ−チらが参加)

1914年 (大正3) 第14巽画会に出品した油彩画最高の二等賞を受賞。

1915年 (大正4) 岸田劉生らと草土社を創立し同人となる。
        
木村荘八、中川一政、バ一ナ−ド・リ−チらが参加)
             油彩画のほか創作木版画、フュウザン会や草土社のポスター目録、入場券などデザイン。

1922年 (大正11)草土社が自然解消後、木版画に専心。

1931年 (昭和6) 日本版画協会創立参加。

1954年 (昭和28)武者小路実篤墓石 建立。
         
           慶応義塾幼稚舎や中等部美術教師勤務。


1969年 (昭和44)死去            

△Back seimiya naobumi