綱淵謙錠『有明の月』

ドナルド・キ−ン『逢うことと別れること』
白洲正子『ふる里の山』
保田與重郎『小倉百人一首愚感』
丸山才一『後京極摂政』
志村ふくみ『紬だされる一条の絹糸』
金子光晴『百人一首雑感』
大澤克泉『厭離庵と定家卿』
清宮質文 「日本のこころ・百人一首」(別冊太陽)8点の墨絵を掲載。 1972年

ミウラ・ア−ツ

△Back seimiya naobumi